Official Website

 

Shop


「The Final Crash: Addictive Debt and the Deformation of the World Economy」
Hugo Bouleau (著)
Kanji Ishizumiが主催する政治、経済、文化、哲学の勉強会丸の内スクエア・アカデミーのサイトにて販売中です。

 

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

+RECOMMEND
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)

目次

 

石角完爾の健康通信 No. 1

メゾン・ド・ショコラ(La Maison du Chocolat)の100%ブラック・チョコレート 砂糖含有ゼロ

 

多くのお会いする方々から「何故石角先生は歳よりも若く見えるのですか?」とよく聞かれる。実はここ30年来実行している医食同源、英語で言うと「What you eat is what you are」の成果だと思っている。

 

石角完爾の健康通信ではその一つ一つを紹介していく。今回はメゾン・ド・ショコラの100%ブラック・チョコレート、砂糖含有ゼロ、カカオ・ポフェノール100%のブラック・チョコレートだ。

 

チョコレートが身体に良いことは昔から言われているが、通常のチョコレートには砂糖、ミルク、油脂が含まれており、添加物も入っている。一般に売られているチョコレートはむしろ有害である。健康に何のプラスもないばかりか、砂糖が入っている分あるいは酸化還元油脂が入っている分健康には有害である。

 

しかし、フランスのチョコレート会社のメゾン・ド・ショコラが店頭に出している100%ブラック・チョコレートは添加物ゼロ、砂糖ゼロ、還元油脂ゼロ、カカオ100%のチョコレート。私はこれを毎朝1切れ口にすることにしている。

 

チョコレートの成分として含まれているカカオ・ポリフェノールは抗酸化物質として非常に強力な抗酸化作用があることは世界の医学者が認めるところである。

 

しかし愚かなのは、「ならばチョコレートを」と言ってチョコレートを買い求めるところである。これもまた赤ワインが身体に良いと言って赤ワインを買い求め、毎日赤ワインを飲む人が多いのと同じで、非常に愚かな選択である。

 

赤ワインには酸化防止剤や発色剤、防腐剤が含まれており有害物質である。そのうえアルコールが含まれるからこれも有害物質である。

 

赤ワインの何が良いのか。それは葡萄の皮に含まれるレスベラトロール(Resveratrol)が強力な抗酸化物質であるという点だけである。従って赤ワインを飲むぐらいならば葡萄を皮ごと食べる方がよほど健康には良い。

 

どうも赤ワインが良いと言われると赤ワインが飲み、チョコレートが良いと言われるとチョコレートを買う人がいるが全て有害無益である。

 

チョコレートを買うならば砂糖/油脂/Milkが全く含まれていないチョコレートを買い求める必要がある。それが石角完爾が買い求めているメゾン・ド・ショコラのブラック・チョコレートである。

 

カカオ・ポリフェノールは脳由来神経栄養因子のBDNFの活動を促進し、アルツハイマー型認知症の予防効果があるということも欧米では報告されている。またカカオ・ポリフェノールは血圧を低下させる効果、いわゆる神経弛緩作用があることも欧米では報告されている。

 

コーヒーを飲むと血圧は血管縮小により上がるがこれはカフェインの作用。カカオ・ポリフェノールは逆に血圧を下げる。

 

牛乳に含まれているカゼインというたんぱく質は腫瘍増殖因子として欧米での研究成果が多く出ている。従って牛乳を飲むご婦人に乳がんが多いという研究成果も欧米では報告されているが、チョコレートに含まれているカカオ・プロテイン、カカオタンパク質は人間の消化酵素では分解されない、あるいは分解され難いプロテインである。従ってそのまま便通改善効果を有し、体外に排出される為に牛乳に含まれるたんぱく質であるカゼインのように人間の身体に悪さをしない。

 

最後に一言言っておくが、私はフランスのメゾン・ド・ショコラの代理人弁護士などの一切の利害関係はない。

 

試しに近くにメゾン・ド・ショコラの店があれば「100% Noir Amertume Extreme」という商品名だ。英語で「Pure Cocoa paste bar with extreme bitterness unsweetened」と書かれているやつだ。

 

砂糖が一切入っていないココア100%のもの凄く苦いChocolate Barとでも訳そうか。

 

ちょっと普通の人では一口で飛びあがる程の苦さである。健康の為と思って食すれば良いのだ。

 

残念ながら明治やロッテなどの日本のチョコレート・メーカーはこの砂糖/Milk/油脂が入っていない100%チョコレート・バーというものを売っていないので、どうしても少々高いがメゾン・ド・ショコラが日本で手に入る私が知る限り唯一の砂糖無し、添加物無し、牛乳なし、ミルク無し、クリーム無し、還元植物油脂無しの100%カカオ・バーである。

  • 2017.12.17 Sunday
  • -
  • 01:05
  • -

「ビットコインは『金貨』になる」が韓国でも出版されました。

この度私が朝日新聞出版から出版致しました「ビットコインは『金
貨』になる」(
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022514701/kanjiishizumi-22/ref=nosim/) が
韓国でも韓国語で出版されましたので、是非韓国のご友人にお勧め下さい。
*kyobobook
http://mobile.kyobobook.co.kr/showcase/book/KOR/9788957821183
 
*yes24
http://m.yes24.com/Goods/Detail/55245504

 
Bitcoinは投機商品ではありません。金融商品でもありません。国家が発行する通貨があまりにもDigital時代に合わないので生まれてきた​Blockchain という Cryptography を使った自治通貨 Autonomous currencyです。その起源は11世紀のイギリスのSplit Tallyという通貨にあります。

 
Bitcoinは1000年も前にイギリスで生まれたものなのです。だからBitcoin/Bloc
kchain​ではLondonのCityが世界をLeadしているのです。

 

  • 2017.11.21 Tuesday
  • -
  • 01:46
  • -

Blockchain で世界の富をCity of London​へ​

世界金融の中心の一つ​City of LondonはLondon市とは違う全く独立した自治組織を持つ行政区である。
​London の市長とは違う独自の市長​ Lord ​Mayorを擁する。
 
City of London金融自治区のFreemen(投票権者)として正式の投票権を持つ石角完爾は、その年次総会に住んでいるSwedenの田舎から足を伸ばして参加して来た。

 
今年の話題は何と言ってもBlockchainでCity of London​がいかに世界をLeadするか(有り体に言うと
​Blockchain のlead で​世界の富をCity of London にいかに引き寄せるか)に集中していた。午餐会での話題もBlockchain一色。
 
 

写真は​Lord ​Mayorを先導する黒馬騎士隊。​Bank of China 前を通過。

 


 
 
City of London の​Lord  Mayorが乗る4頭立ての馬車

​​Lord ​MayorがGuild Hallに到着
 
​​年次総会の後のLord Mayorを囲む午餐会。一番奥の正面の席に座るのが石角完爾。
 

  • 2017.11.18 Saturday
  • -
  • 11:29
  • -

読者の声

こんばんは

原稿ありがとうございます。グローバル世界で活躍する完爾さんの貴重な考えに触れることができました。
感想ですが、日本も移民社会となれば日本の日常生活の中で異文化人に自分の意見を主張しなければ
ならなくなりますが、今年の流行語の中に「忖度」が入っていて如何にも日本という感じがしています。
完爾さんの指摘されている通り、私も最近考えていないと気づかされました。

完爾さんの益々のご活躍を祈念しています。

                            ○○○○


Radio Interviewのテープ起こしが出来上​がりました。

Internet Radio Interviewのテープ起こしが出来上がりました。Themeは「ユダヤInnovationの秘密はその家庭教育にあった。エッセンシャル Why思考法」というものです。

これは私が出版した「ユダヤ式Why思考法」(日本能率協会マネージメントセンター https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820719238/kanjiishizumi-22/ref=nosim/ )及び「ユダヤ知的創造のルーツ」(大和書房https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479795995/kanjiishizumi-22/ref=nosim/
)に関するRadio Interviewで、Internetで配信( http://study.catal.jp/)されたものです。


1時間も聞いている時間がないという方はテープ起こしなら5分ぐらいで目を通せますので、お申し込み下さい。

Friends of Technionの方、及び丸の内Square Academy正会員の方には無料で送付致します。一般の方は郵送料込みで5,000円で郵便で送付致します。

  • 2017.11.12 Sunday
  • -
  • 21:46
  • -

<< | 2/54PAGES | >>