Official Website

 

Shop


「The Final Crash: Addictive Debt and the Deformation of the World Economy」
Hugo Bouleau (著)
Kanji Ishizumiが主催する政治、経済、文化、哲学の勉強会丸の内スクエア・アカデミーのサイトにて販売中です。

 

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

+RECOMMEND
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)

目次

 

貿易戦争は中国の勝ちと見た

石角完爾は、8か月前のblogで、「貿易戦争は中国の勝ちと見た」、と書いた。

 

その理由は、Americaが関税を中国製品に掛ければ掛けるほど中国元が安くなり、結局中国製品はAmericaに大量に流れ込むことをTrump自身が加速する結果となり、また、安い中国元は中国産業の輸出力を増加させ、合わせてAmerica産業の輸出力を減殺する。つまり高いdollarはAmerica産業を結局は殺していく結果となる、と分析した。そしてその分析が正しかったことは、2019年8月にTrumpの財務長官Mnuchin自身が中国をcurrency manipulatorと評ざるを得なかったことに現れている。

currency manipulatorは、実は天に向かい唾を吐いているTrump自身であり、Trumpが中国を叩けば叩くほど中国元は安くなりAmerica自身の首を絞める。 

 結局、Trumpが中国に貿易戦争を強化すればするほど、中国元は安くなり、ついに11年ぶりの安値を更新しているではないか。


しかもTrumpは、Mexico国境に壁をMexicoの費用負担で築くと選挙民に約束しておきながら、結局は国防予算を流用する方法で壁を築く道を開いてしまった。
何のことは無いTrumpの口から出任せの嘘八百により、
America国民自身のtaxpayer's moneyを使ってMexico国境に壁を築くことになったのである。壁をMexicoの金で築かせる、といったTrumpのあれはまったくの三百代言。


しかも恐ろしい事は、TrumpがWhite Houseから発するWhite House発、White supremacyの数々のnuance発言がAmerica国外からのterrorismでなく、"Send her back" と America国内のdomestic born terrorismを煽っているのである。

このことは、2019年8月上旬にTexas州El Paso及びOhio州Daytonで起きた乱射事件を見ても明らかである。

戦時ではあるまいし、一国のleaderは、国民の心の平穏を実現する言動に徹しなければならないのに、分断的なWhite(House)supremacyをOval Officeから煽っているのである。White supremacyがWashingtonにある限り、益々domestic terrorismが頻発するに違いない。2019年 1-8月のantisemetism 事件の数は既に 2018年の総数を上回っている。 

 

以下、石角完爾 の2018年12月blog
************************
Subject:  石角完爾は貿易戦争は中国の勝ちとみた。


Trump 政権は中間選挙の人気取り政策の為に中国を叩くことに躍起になっている。矢継ぎ早に中国製品に高関税を課すという政策だ。

ところが、あまり報道されていないが、America が高関税を中国製品に課せば課すほど中国通貨の元が対Dollar でどんどんと安くなっている。関税の分だけ元が安くなって、つまり高関税が何の効果も生んでいないのだ。

これを少し関税と元Dollar 通貨の動きから見てみよう。

America が中国に関税引き上げを公表した7月6日、元安が一方的に加速した。そして下のGraph を見てもらいたい。


それからまだまだ元安が加速しているのだ。結局いくらAmerica が関税を引き上げても元が安くなるから中国製品の流入は止まらない。

逆に言えば、America は高いDollar で中国製品を安く買えるから結局America の国内製造業は回復しない。それどころか、Dollar が高くなる分America 製品は輸出が難しくなる。これまたAmerica国内産業が回復しない理由ともなる。

  • 2019.08.10 Saturday
  • -
  • 01:30
  • -