Official Website

 

Shop


「The Final Crash: Addictive Debt and the Deformation of the World Economy」
Hugo Bouleau (著)
Kanji Ishizumiが主催する政治、経済、文化、哲学の勉強会丸の内スクエア・アカデミーのサイトにて販売中です。

 

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

+RECOMMEND
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)

目次

 

Trumpism: "I care only myself."

石角完爾は経済評論家として徹底的な現地調査を重視している。しかも徒歩でだ。

日本の大手財団や銀行、証券会社系の経済評論家はそういう調査をしないし、やっていない。したくもないだろう。そもそも怖くてそういう地域に足を踏み入れられないのだ。

だから彼らはBusiness Class で飛んでAmerica に行って、Goldman やJP Morgan Chase 、Washington D.C. の財団に所属する経済評論家と一流のRestaurant で飯を食って、その話を日本語に直して自説の経済評論を展開しているに過ぎない。


これに対して石角完爾は常にBus と地下鉄を乗り継いで、大都会の最も貧しい地域を徒歩で現地調査している。


今回(2018年11月)はLos Angeles の最も荒廃した地域を、しかも夜間、 この足で歩いた。誰も貧困すぎて銃など持っていないので、逆に夜でも安全なのだ。但し、糞尿の臭いが襲ってくるが。  Los Angeles のDowntown からほんの20 Block である。超高層ビルの立ち並ぶLos Angeles のDowntown から歩いて20分ぐらいのところである。


その貧民街、荒廃した街を10 Block も歩くうちに道路に2体の死体が横たわっている。写真を撮るのはあまりにも哀れであったので止めた。ユダヤ人としてTzedakah の義務があるので1Dollar 紙幣を沢山持っていたが、渡していくとすぐに無くなってしまった。あまりにもHomeless が多いのだ。

 

写真のようなHomeless のTent が延々と続くのだ。糞尿の臭いが漂っている。糞尿を踏まずに歩くのも大変なぐらいで、つま先立ちで歩くのにも限度があった。

Trump の景気対策の恩恵を受けているのはMissouri 、North Dakota、West Virginia、Mississippi などの中西部、南部の白人のAmerica人だけだ。彼らは貧困白人層と言っても持ち家層だ。


Clinton が間違ってそのような白人の中西部、南部の貧困層を「Bascket of deplorables」 と呼んだが、そういう人たちの収入はTrump 政権になって上がっている。Clinton の贅沢ぶりは彼らの怒りを買った。 

ところが実はもっと忘れ去られた底辺の人がいる。それは写真のようなLos Angeles の大都会の荒廃した地域にTent 生活を送っているHomeless の人達だ。想像を絶する数のHomeless が延々とDowntown からほんの僅かなところで延々とTent 村を築き上げ、辺りが糞尿の臭いが漂っているところに生活している。

この現象は何もLos Angeles だけではない。New York も、Chicago、Seattle もそうだ。 America の大都市はどこもHomeless の増加を見ている。New York では辻角ごとにあるごみ箱ごとに一人のHomeless がその中の物をあさって生き長らえている。

最もTrump 政権も民主党政権もその政策の手を差し伸べていない最下層の階級がAmerica の大都会に広がっているのだ。経済格差などという生易しいものではない。

石角完爾は経済評論家としてこの様相を目で見、足で歩き、この自分の鼻で悪臭を嗅いで実感している。毎年来るが、確実にTent の数が増えている。最近ではHonolulu までHomeless を見る。 

ヒタヒタとAmerica という世界一豊かな国の崩壊が始まっている、全く民主党も共和党も救いの手を差し伸べていない層が増えているのだ。


Los Angeles に行く機会があれば怖がらずに 是非一度足を踏み入れてください。夜間でもPistol で撃たれることはない。臭いと汚いことだけ。


7th Street をDowntown からどんどんと下って行き、Hope Street との交差点を過ぎた辺りから荒廃した街、すなわちHomeless の街が広がる。


10 Block の間にHomeless の死体が2体横たわっているのに、Los Angeles 市当局、(市長はHip-hop を歌う有名な市長で、石角完爾が知らない間柄ではないが)の遺体対処班が来ないというのも、しかし異常な国である。


なのに1機3,000億円もするStealth Jet 戦闘機を何百機も飛ばすという。

国を亡ぼすのは底辺の人々と1機何千億もするJet 戦闘機の格差の広がりではなく、こういった路上に放置されて餓死したHomeless の死体に平気でいる人々が統治することの異常さである。 

その一方でCNN、Fox Newsなどの高給取りのAnnouncerはCalifornia のParadise とかMalibu とかの一棟 5 million、10 million の超高級住宅が消失する様を毎時間放映している。10億の豪邸が山火事で焼失すると全国News、何も財産のないHomeless が餓死しても平気で放置。まさに Roman Empire の末期(見たことも行ったこともないが)と同じであろう。


Macron がいみじくも言ったが、Trumpism はTrump がNationalism などと間違った言葉で形容しているが、その実態は「I don't care for others.  I care for myself.  I only care for myself.」ということであり、この気持ちが今America の隅々に蔓延して人々がその異常さ、つまり神の眼から見て「Sodom and Gomorrah 」の人々と全く同じになってしまっているということに気づかない異常さである。

  • 2018.11.15 Thursday
  • -
  • 01:01
  • -