Official Website

 

Shop


「The Final Crash: Addictive Debt and the Deformation of the World Economy」
Hugo Bouleau (著)
Kanji Ishizumiが主催する政治、経済、文化、哲学の勉強会丸の内スクエア・アカデミーのサイトにて販売中です。

 

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

+RECOMMEND
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)

目次

 

AI 裁判官/人工知能裁判官

人工知能が裁判官に取って代わる日も遠くない。
 
この度University College of LondonとUniversity of Pennsylvaniaとの共同研究でEuropeの人権裁判所の過去の判例全てを事案の内容及び調書全てを分析して、その判決内容を人工知能に予想させたところ、実際の判決と79%の確率で人工知能と実際の判決が合致した。
 
この研究TeamはIBMのWatsonのAlgorithmであるCognitive Platformを使用した。
 
実際Americaの破産法を専門とするBaker & Hostetler 法律事務所では膨大なLegal Researchと予想される判決の予想にIBM Watsonを使い出している。
 
今までは判例調査は場合によっては何十人もの法律事務所職員及び若い弁護士が動員されてやっていたが、このIBMのWatsonを使えば、それらが全てComputerによって代行され、判決の予想までやってしまい、その予想確率が約8割だというのが今の現状である。
 
実際裁判官のAI化については今のComputerのAlgorithmと人工知能のLevelから言うと、どうしても人間の裁判官でないと判断出来ない、AIの限界はNuanceの認識と判定だと言われているところまでAIが裁判及び法律事務所の分野に広く普及している。あるいは近日中に普及する可能性が高いという現状を浮き彫りにしていると言って良い。
 
石角完爾が野村総合研究所のAIに関するReportが出た時に、裁判官の役割だけはAIに取って代われないなどという野村総研のReportがいかに間違っているかを指摘したが、正に石角完爾の指摘が正しかったことがこのNewsでも明らかである。

  • 2016.10.25 Tuesday
  • -
  • 23:39
  • -