Official Website

 

Shop


「The Final Crash: Addictive Debt and the Deformation of the World Economy」
Hugo Bouleau (著)
Kanji Ishizumiが主催する政治、経済、文化、哲学の勉強会丸の内スクエア・アカデミーのサイトにて販売中です。

 

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

+RECOMMEND
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)

目次

 

聖火runner

昭和39(1964)年9月30日、石角完爾は聖火Runner として平安神宮の大鳥居の下を走った。


しかし今は来年の東京Olympic に対し懐疑の目を向ける一人である。

相次ぐ災害の復興はおろか被災者救済援助もままならないのに、やれRuggy のWorld Cup だ、やれOlympic だ 、やれ桜を見る会だと一体どこに税金を無駄遣いしているのか、という懐疑の目である。

 

 

  • 2019.12.01 Sunday
  • -
  • 22:51
  • -

この図の通り

この図の通り、中国海軍がSouth China Sea を完全に支配下に治めて、Guam までの第二列島線を米軍と分け合う為には私の小論文の中にあるように、沖縄台湾相互不可侵秘密協定を米中が結ぶことが必要不可欠の条件となります。

 

中国海軍の母港は青島ですが、そこを出た空母艦隊が沖縄と台湾の間を自由に通行できることは、太平洋の西半分を中国がAmerica と分け合う為の必要不可欠の条件になるからです。

 

私は近い将来、America が日本を見捨てて沖縄台湾相互不可侵条約の秘密協定を結ぶ可能性は極めて大きいと思っています。そうすれば、Americaは日本本土、具体的には東京、大阪及び北海道を核の先制攻撃で守る必要がなくなるからです。そうなればRussia が北海道を領有化しようが、America にとってはそれこそ知ったこっちゃないということでしょう。

 

今回韓国とGSOMIA でゴタゴタを起こした日本は地域の軍事安定性を攪乱する国家としてAmerica が日本を見捨てる一つの切っ掛けとしてAmerica 軍の頭の中に記憶されることでしょう。

 

 

  • 2019.11.29 Friday
  • -
  • 01:10
  • -

貿易戦争は中国の勝ちと見た

石角完爾は、8か月前のblogで、「貿易戦争は中国の勝ちと見た」、と書いた。

 

その理由は、Americaが関税を中国製品に掛ければ掛けるほど中国元が安くなり、結局中国製品はAmericaに大量に流れ込むことをTrump自身が加速する結果となり、また、安い中国元は中国産業の輸出力を増加させ、合わせてAmerica産業の輸出力を減殺する。つまり高いdollarはAmerica産業を結局は殺していく結果となる、と分析した。そしてその分析が正しかったことは、2019年8月にTrumpの財務長官Mnuchin自身が中国をcurrency manipulatorと評ざるを得なかったことに現れている。

currency manipulatorは、実は天に向かい唾を吐いているTrump自身であり、Trumpが中国を叩けば叩くほど中国元は安くなりAmerica自身の首を絞める。 

 結局、Trumpが中国に貿易戦争を強化すればするほど、中国元は安くなり、ついに11年ぶりの安値を更新しているではないか。


しかもTrumpは、Mexico国境に壁をMexicoの費用負担で築くと選挙民に約束しておきながら、結局は国防予算を流用する方法で壁を築く道を開いてしまった。
何のことは無いTrumpの口から出任せの嘘八百により、
America国民自身のtaxpayer's moneyを使ってMexico国境に壁を築くことになったのである。壁をMexicoの金で築かせる、といったTrumpのあれはまったくの三百代言。


しかも恐ろしい事は、TrumpがWhite Houseから発するWhite House発、White supremacyの数々のnuance発言がAmerica国外からのterrorismでなく、"Send her back" と America国内のdomestic born terrorismを煽っているのである。

このことは、2019年8月上旬にTexas州El Paso及びOhio州Daytonで起きた乱射事件を見ても明らかである。

戦時ではあるまいし、一国のleaderは、国民の心の平穏を実現する言動に徹しなければならないのに、分断的なWhite(House)supremacyをOval Officeから煽っているのである。White supremacyがWashingtonにある限り、益々domestic terrorismが頻発するに違いない。2019年 1-8月のantisemetism 事件の数は既に 2018年の総数を上回っている。 

 

以下、石角完爾 の2018年12月blog
************************
Subject:  石角完爾は貿易戦争は中国の勝ちとみた。


Trump 政権は中間選挙の人気取り政策の為に中国を叩くことに躍起になっている。矢継ぎ早に中国製品に高関税を課すという政策だ。

ところが、あまり報道されていないが、America が高関税を中国製品に課せば課すほど中国通貨の元が対Dollar でどんどんと安くなっている。関税の分だけ元が安くなって、つまり高関税が何の効果も生んでいないのだ。

これを少し関税と元Dollar 通貨の動きから見てみよう。

America が中国に関税引き上げを公表した7月6日、元安が一方的に加速した。そして下のGraph を見てもらいたい。


それからまだまだ元安が加速しているのだ。結局いくらAmerica が関税を引き上げても元が安くなるから中国製品の流入は止まらない。

逆に言えば、America は高いDollar で中国製品を安く買えるから結局America の国内製造業は回復しない。それどころか、Dollar が高くなる分America 製品は輸出が難しくなる。これまたAmerica国内産業が回復しない理由ともなる。

  • 2019.08.10 Saturday
  • -
  • 01:30
  • -

柴犬とEnglish terrier すみません、本当のことを書いちゃって、辞めさせていただきます。イギリスの駐米大使辞任に思うこと。

イギリス人にも読んでもらいたいので英語です。


 
 
An unusual approach to statecraft

 

I am dismayed at the recent events in the United States that culminated in the resignation of the British Ambassador, Sir Kim Darroch.  He was highly respected and popular in Washington, and well-connected with the White House.  His leaked observations about the Trump administration merely reflected his role of keeping the British government informed about his views on how his host country was being run.  

 
Sir Kim’s comments included the characterisation of President Trump’s withdrawal from the Iranian nuclear agreement as an act of “diplomatic vandalism”


motivated by the latter’s wish to sabotage one of the landmark achievements of his predecessor, Barack Obama.  The deal which
Mr Obama forged with Iran, while not perfect, held promise of keeping the Middle East somewhat more peaceful and secure than it now seems.  Thanks to Mr Trump’s reckless action, the risk of nuclear proliferation in the region is now substantially higher.  His outrageous behaviour fully merits the comments contained in Sir Kim’s report.  And who, whether in the diplomatic community or outside, could have been surprised by them? 
 
 


President Trump’s vitriolic outburst aimed at Sir Kim on Twitter was utterly outrageous – not least because Mr Trump claimed not to know the British Ambassador.  To make matters worse, he extended his tantrum to include criticism of Prime Minister May and her handling of Brexit.

Whatever one may think of the UK’s plans to leave the European Union, the matter is not one upon which the leader of a foreign government should pronounce in so intemperate and discourteous a tone.  Indeed, 10 Downing Street is not an annex of
the Oval Office. 
 
Sir Kim resigned because Mr Trump’s boorish comments and his petulant action in rescinding an invitation to a dinner at the White House created an atmosphere in which the Ambassador felt he could no longer do his job properly.  The President’s refusal to engage with the senior diplomatic representative of a foreign government, especially when that government is one of his country’s closest allies, is unprecedented in modern

times.  It does not bode well for the future.
 


Tough as Sir Kim’s situation was, I am disappointed that Prime Minister May accepted his resignation.  She should not have done so.  Or, having reluctantly yielded to his wish, she should have vowed to keep his position unfilled.  Through her acquiescence in this appalling turn of events, she tacitly acknowledged the right of the US to bully and browbeat its ally and made a mockery of the UK’s role as an independent nation which
charts its own course.    
 
Through his novel approach to diplomacy, Mr Trump has acquired two lapdogs: as well as a Japanese shiba inu, he can now boast ownership of an English terrier.  Meanwhile, whereas he might have used brute force to subdue one Kim, there is another Kim here in Asia who remains impervious to all his blandishments.     

  • 2019.07.15 Monday
  • -
  • 10:49
  • -

Michelle Obama "Becoming" Chapter 27, 13分34秒

左足Break、右足Accelerator の提案を「老人の自動車操作Mistake について思うこと」というTitle でE-mail Magazine を出したところ、各方面から色々と反応がありました。

 紹介しておきます。

 

「Dear Mr. Ishizumi,

I have not seen the car with the installed hand-accelelator yet. But I believe you could see it soon or in the future.

You could see such a car for the handicapped people anywhere.」


「I  am one of old fashion car guy................   I got my driver's  license when I was 16yrs  old  that was 55 yrs ago .right feet for gas , and  right  feet  is break then  left feet is for clutch .    but  now  99.99 % of the car has automatic transmission   but still   they can not change  rule  ...........     this is why  Japan  is  left   from rest of the world . 」

 

お二人ともAmerica 生活が長く、英語でComment をいただきましたが、共通して言えることは「America のようにどんどんと規則や車のPedal の位置を変えればいいじゃないか」というご意見でした。


確かにもはやClutch Pedal が左にある車は全くと言ってよいほど存在しない訳ですから、Break Pedal を左足に、Accelerator Pedal を右足の位置に置くことは簡単だろうという提案です。欧米車は皆そうなっていますから。 


話は変わりますが、Michelle Obama の「Becoming」 はAmazon のAudio book で聞くと、Michelle Obama 本人が自分の声で読んでくれています。その最終章、第27章はちょっと感動ものですね。数千万部が売れているというのは全くうなずけます。

 

最終章はChapter 27で、13分34秒のMichelle Obama の感動の語りがあります。


White House をFirst Lady として出て行く時のことと、その後の感想が彼女の語り口で語られていますが、痛烈な今のOval Office の主に対する問いかけ、人間の悪魔性を煽り噴き出させる人々の間に対立と分断を招く今のWhite House の主に対してMichelle Obama の語りは感動の一言に尽きますね。 

  • 2019.05.19 Sunday
  • -
  • 16:25
  • -

| 1/59PAGES | >>